泡沫 読み方。 「泡沫」の意味と使い方・語源・読み方・類語|泡沫の夢

読み方 泡沫 読み方 泡沫

そもそもなぜ泡を「うたかた」と言われていたかは諸説あるようです。 このほかにも、比喩表現として「はかなく消えていくもの」にも使うケースがあります。

20
読み方 泡沫 読み方 泡沫

「泡沫」という言葉は、「不知火(しらぬい)」や「細雪(ささめゆき)」のように、かっこよくて綺麗な響きを持つけど意味を知らない人の多い言葉です。

15
読み方 泡沫 読み方 泡沫

。 「泡」の音読みである「ホウ」、「沫」の音読みである「マツ」をくっつけたものです。

1
読み方 泡沫 読み方 泡沫

泡沫の「泡」と「沫」は、両方とも「水面に浮かぶあわ」を意味する漢字。

読み方 泡沫 読み方 泡沫

一方、古代の日本では 「水面に浮かぶあわ」を「うたかた」と呼び、「はかなく消えやすいもの」のたとえ言葉として詩などに使ってました。 ・・・うたかた。 ダンナにそう教えた。

14
読み方 泡沫 読み方 泡沫

Short-lived• 「仮に初(そ)める」が語源で、「一時的な」ことや「その場限り」のことに対して使いますが、その他にも「ちょっとした」や「一応は」という意味もあって、用途の広い言葉です。 How to write kanji and learning of the kanji. 「泡沫」の2つの読み方• 一瞬の 泡沫のような快楽を金で買う男。 頼りないこと、あっけないイメージに対して、力があること、見込みがあることを意味しています。

20
読み方 泡沫 読み方 泡沫

【例文】 「あなたとは 泡沫の恋になってしまったけれど、私にとって一生の宝物となりました」 泡沫人(うたかたびと) 【意味】• 最初にも紹介しましたが、方丈記の冒頭部分にも使われています。 「浮きて得がたきもの(うきてえがたきもの)」の略• 」 (泡沫夢幻の意味:水の泡とゆめまぼろしの意味から、人生がはかないことのたとえ) 「泡沫」の類語 水泡(読み:スイホウ/意味:水中にできる空気を含んだ小さい玉) 水沫(読み:スイマツ/意味:水の泡やしぶき) 仮初(読み:かりそめ/意味:その時限りのこと。 使い方 「水面に浮かぶ泡沫をじっと眺めている間に、一時間も経っていた。

15
読み方 泡沫 読み方 泡沫

「夢幻泡影」はこの世のはかなさの教え 「夢幻泡影」は「むげんほうよう」と読みます。 熟字訓は1946年の当用漢字制定により、かな書きで表記する方針となったため、「うたかた」を「泡沫」と漢字で表記するのではなく、ひらがなを用いることが多くなりました。 」です。

8
読み方 泡沫 読み方 泡沫

石鹸や洗剤のもこもこした泡ではなく、「空気が水に浮かんでできる玉」などを指します。

20