ブローン アウェイ。 ブローン・アウェイ/復讐の序曲 Blown Away (1994) ≪ 音楽 映画 ≪ サントラ.jp

アウェイ ブローン アウェイ ブローン

犯人はダヴに恨みを抱くIRAの爆弾工作員ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)であった。 ポイント3「トミー・リー・ジョーンズ」 なんと言ってもこの映画はトミー・リー・ジョーンズの切れた演技が見ものです。

2
アウェイ ブローン アウェイ ブローン

船内でついに向きあったダヴに、ギルティはケイトが演奏に参加している独立記念日の式典会場に爆弾を仕掛けたと言う。 単純に火をつけてボーンってわけではなく、火薬に火が着火するまでに、ピタゴラスイッチ的な仕掛けがありドキドキします。 ただし爆弾シーンが随所に出てくるから、緊張感で疲れちゃうかもしれません。

5
アウェイ ブローン アウェイ ブローン

ストーリーが復讐劇なのでいたってシンプル。 爆弾の使い方や炎の見せ方などは他には中々ない完成度で、リアルすぎて怖いくらいでもある。

アウェイ ブローン アウェイ ブローン

ボストン警察の爆発処理隊員のダヴ(ジェフ・ブリッジズ)はオーケストラでヴァイオリンを演奏している恋人ケイトと結婚。 のレニー・ハーリンやのチャック・ラッセルらを輩出した『エルム街の悪夢』シリーズの第5弾『ザ・ドリームチャイルド』(1989年)を監督して注目され、ジョン・マクティアナンが去った後ので大作デビューしました。 爆弾の天才を演じるのは、『逃亡者』でアカデミー賞を受賞したばかりのトミー・リー・ジョーンズ。

17
アウェイ ブローン アウェイ ブローン

しかし結婚パーティーが終わった夜、家で爆発が起こり仲間の一人が死亡。 ポイント1「爆発」 爆弾映画なので、見所はなんと言っても爆発シーンです。 ブローン・アウェイ 復讐の序曲 まとめ 今では日本のCMでも大人気の人の良さそうな顔立ちが印象的なトミー・リー・ジョーンズ。

12
アウェイ ブローン アウェイ ブローン

出演者がいい 【解説】• というのもカメラワークや演出が絶妙なのである。

アウェイ ブローン アウェイ ブローン

ストーリーがシンプル• 『ブローン・アウェイ/復讐の序曲』の良いレビュー 良い人役の多いトミー・リー・ジョーンズさんですが、悪役の演技も凄く上手いので注目です。 船内にセットされた罠が作動し、ダヴば絶体絶命の危機を迎えるが、ギャリティを倒し、助けにきたアンソニーとともに脱出に成功する。 巻き込まれた同僚たちから疑いの目を浴びる中、ターゲットはダヴの妻子に向けられる。

20
アウェイ ブローン アウェイ ブローン

車が宙を飛んだり、船を丸ごと爆破したりと、その後の爆破映画の定石はこの作品がつくったと言っても過言ではない。

16