家 入 硝子。 パナホームの家、結露と凍結。

入 硝子 家 入 硝子 家

するとその日になって、女は私に会いたいという別の女の人を連れて来て、例の話はこの次に延ばして貰いたいと云った。

入 硝子 家 入 硝子 家

その人の庭にある池の中に犬の 死骸 ( しがい )が浮いているから引き上げて 頸輪 ( くびわ )を改ためて見ると、私の家の名前が 彫 ( ほ )りつけてあったので、知らせに来たというのである。 もう薄黒く 朽 ( く )ちかけた猫のに比べると、ヘクトーのはまだ 生々 ( なまなま )しく光っている。 会員割引出来ません。

7
入 硝子 家 入 硝子 家

それから四日ばかり 経 ( た )つと、彼は郵便で私の写真を届けてくれた。 私は「写真は少し困ります」と答えた。

入 硝子 家 入 硝子 家

その 次 ( つぎ )の晩もつづいた。

5
入 硝子 家 入 硝子 家

折しも窓から夕陽が差し込み、場内がこの世のものとは思えない雰囲気に包まれた瞬間、私は酒井硝子の壜の神秘的な魅力の源泉に触れた気がしたのでした。 黙って女のいう事を聞いているよりほかに仕方がなかった。

10
入 硝子 家 入 硝子 家

それでも男達はひるまず窯に向かっていく。 ご注文につきましては十分にこれらの「手作りの特性」を予めご理解、ご承知くださいますようお願い申し上げます。

19
入 硝子 家 入 硝子 家

それが済むと今度は議会が解散になった。 私は電車の中でポッケットから新聞を出して、大きな活字だけに眼を 注 ( そそ )いでいる購読者の前に、私の書くような閑散な文字を 列 ( なら )べて紙面をうずめて見せるのを恥ずかしいものの一つに考える。

5
入 硝子 家 入 硝子 家

それまで首を 傾 ( かし )げていた医者も、この分ならあるいは 癒 ( なお )るかも知れないと云った。 この人は数年前よく 端書 ( はがき )で私に俳句を書いてくれと頼んで来たから、その 都度 ( つど )向うのいう通り書いて送った記憶のある男である。 彼女が最後に私の書斎に 坐 ( すわ )ったのはその次の日の晩であった。

5