山里 は 冬 ぞ 寂し さま さり ける 人目 も 草 も かれ ぬ と 思 へ ば。 小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)の意味

ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

読み やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへば 季節 冬 現代意訳 山里はいつの季節でも寂しいが、冬はとりわけ寂しく感じられる。 秋くれば 虫とともにぞ なかれぬる 人も草葉も かれぬと思へば 「かれぬと思えば」という句に、人のいなくなる「離(か)る」 と草木が枯れる「枯る」の意味が掛詞として掛けられているのが 同じですね。 忠平はこの醍醐の下で左大臣まで出世を重ねていく。

ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

に 枇杷の実 より• 優雅な貴族的世界。 【余談】 百人一首に天皇は8人(1,2,13,15,68,77,99,100) 天皇の子(皇子・皇女)は3人(14融,20元良,89式子内親王) 天皇の孫は4人(12遍昭,16行平,17業平,そして28源宗于) 年令的・世代的には藤原定方・忠平・兼輔と同じくらい。

15
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

本歌に戻って、爺が書いてくれていますが、 28 山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思えば この他 百人一首で「寂しさ」は2首 いずれも秋の歌である。

1
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

到着した一寸法師は「三条四条」を見て回り、 「五条」の邸宅に忍び込む。 藤原興風が是貞親王歌合の時に詠んだ一首がそれです。

4
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

歌に戻る。

14
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

言わずと知れた学問の神、北野天満宮天神である。

9
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

都ではなく山里 は、という意味になります。 都と違って人の気配が消え、生命の様子が見えなくなった山里 の寂しさがつのるのが肌で感じられるようです。 一度、見に行きたいものだ。

16
ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

「かれ」を巡る「 掛詞」での言葉遊びに味がある歌で、『 古今集』には「冬の歌とてよめる」と言わずもがなの「 詞書」が添えられている・・・と、こう書いてしまうといかにも身も 蓋もなく 面白味のない歌に感じられてしまう。

ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も ば 草 ぬ かれ 冬 ぞ さま へ は と 寂し ける も 思 人目 さり 山里 も

記念して「こどもには聞かせられない昔話シリーズ」的な企画を。 当時、この辺りを流れる木津川の一部を特に「泉川」と呼んだらしい。

4