中川 重政。 織田信長家臣団まとめ。組織図・変遷・各方面軍団の顔ぶれなど。

重政 中川 重政 中川

そのとき利家から能登の三輪藤兵衛にあてた文書に「尚々武蔵家せばく、不自由成所々は、家も 作り可申候、以上。 なお、前田利長から与えられのち返却した名物茶入れで宗半の名を付した「宗半肩衝」が、金沢市中村記念館に保存されている。

重政 中川 重政 中川

男子:• その後は史料に現われない。 この戦いで右股を負傷する。

重政 中川 重政 中川

(中略)利長は宗半自筆無疑ければ大に駭き、八月七日大正寺を引拂、金澤へ引取」 ここでは、宗半が大阪から加賀へ向かおうとして、越前敦賀城主大谷吉継に捕えられ、四万余の大軍が加賀を攻めるという書状を書かせられた。

9
重政 中川 重政 中川

北伊勢衆• 生涯 [編集 ] 父はで、の叔父・の孫にあたるといわれるが、年代的に疑問視されることもある。 釜役を命じた文書や同13年 1608 2月脱走した農民を穿鑿する等の法令などにも、南坊等伯(高山右近)などとともに巨海斎宗半の名がある。 系譜 [ ]• この文書の書かれた時期については、「加賀大納言」と附記のあることから慶長元年(1596)以降と推測される。

18
重政 中川 重政 中川

今川軍に攻められ、父は討死。 前名織田駿河守忠政。 歴史群像シリーズ『前田利家』 131頁. 翌 元亀2年(1571年)までには、7人の将による軍事支配体制がおおむね確立しました。

10
重政 中川 重政 中川

織田薩摩守 【おだ さつまのかみ】 -木下雅楽助【きのした うたのすけ】?~1584?。 永禄12年(1569)8月の伊勢大河内城攻めに参加、尺限廻番衆を務める。

重政 中川 重政 中川

慶長19年(1614)11月21日、宗半は享年53歳でこの世を去った。 文録2年(1593)、伏見にて没。

20