クラウン アスリート 200 系 後期。 クラウンアスリート200系の【実際の燃費、馬力】グレードとスペック

アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

内外装の意匠変更と同時に「ロイヤルサルーンシリーズ」・「アスリートシリーズ」の2. 5L通常燃焼が5速AT、残りは4速AT。

15
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

4ドアハードトップのみに3ナンバー専用の「 ワイドボデー」がラインナップ。 予想外の短期間で廃止となったマスターのは、初代や初代のボディに多くが流用され、損失を最小限に抑えた。 また、TNGAに基づくプラットフォームを新採用し、フロントはハイマウント式マルチリンクサスペンション、リヤはマルチリンクサスペンションを採用。

12
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

0 Lの型に変更(MS125型)。 快適・安全装備であるブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)などをセットにした「C パッケージ」相当を装備した。

12
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

また2ドアハードトップには、ルーフ後部をレザー貼りとしたランドウトップがオプション設定されていた。 2月 - マイナーチェンジ。 5L搭載車はFourがつく4WDモデルを設定する。

アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

また、第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。

1
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

ロイヤルシリーズにはベルト駆動式小型モーター採用のマイルドハイブリッドシステム(THS-M)を世界で初めて搭載。 また、ボディを凝縮してタイヤの張り出しを強調した低重心でスポーティな骨格を表現した。

8
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

5Lのロイヤルエクストラ、ロイヤルエクストラFourをベースに、シートやドアトリムなどの表皮を専用ジャカードモケットとし、リヤセンターアームレストに木目調パネルボックス、4本スポークステアリングとシフトレバーに本革巻きを採用する特別仕様車。 5L ハイブリッド車となり、同時に4WDの「B Four」、「RS-B Four」を新設。 なお、第56回では、「アスリートS"空色edition"」が優勝副賞、「アスリートS"若草色edition"」が17番ホールの賞の賞品としてそれぞれ用意された。

10
アスリート 後期 系 クラウン 200 アスリート 後期 系 クラウン 200

装備面ではオプションとして後輪ESC(現在の)・EAT(電子制御式自動変速機)が「SL」に設定されたほか、を「SL」「スーパーサルーン」「スーパーデラックス」にオプション設定したこと、VIP顧客向けに電動リクライニング式リアセパレートシート(このオプションを選択した際は、リアシートが3人掛けから2人掛けとなる)が採用されたことが挙げられる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 セダン DBA-GRS200 2499cc 4 6AT FR 5名 12. 5L通常燃焼にはFRとI-Fourが用意される。 この代から、CMキャラクターに俳優のが起用され、4代目の発売時を除いて1983年の6代目まで、長年に渡り続いた。

17