二兎 追う もの は 一 兎 も 得 ず。 ことわざ「二兎を追う者は一兎をも得ず」の意味と使い方:例文付き

追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

読み方 二兎を追う者は一兎をも得ず にとをおうものはいっとをもえず 意味 欲を出して同時に二つのことを追い求めてしまうと、結局どちらも手に入らないということのたとえ 由来 二匹の兎を追いかけていたら、どちらも捕まえることができなかったというエピソードが由来 類義語 大欲は無欲に似たり、欲の熊鷹股裂くる、一も取らず、二も取らずなど 対義語 一石二鳥、一挙両得など 英語訳 If you run after two hares. hareはトップの写真のように、野うさぎのことになります。 「追いかける」の意味を持つ「run after」ではなく、「狩る」の意味を持つ「hunt」を使った、「He that hunts two hares loses both. しかし、それがばれて二人ともに振られてしまう結果となった。 ここでは、そんな「欲張り」な言葉をご紹介します。

1
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

例えとして、高校三年生を想像してみてください。

18
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

なお「一挙両得」の「一挙」は「1つの動作」を意味します。 欲張っていると、どちらも手にすることができないことといった戒めなので、教訓としても使えそうですよね。 ・If you chase two rabbits, you will not catch either one. ・He that hunts two hares loses both. 「二兎を追うものは一兎をも得ず」と同じ「欲張るとどちらも得られない」の意味を持つ類語となります。

19
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

本来は西洋の古くからのことわざであることも同時にご紹介させていただきましたが、このことわざは表記方法によってさまざまなバリエーションがあるとされています。 「二兎(にと)追うものは一兎(いっと)も得ず」とは、 「同時に二つのことを狙ったり、しようとしたりしても、結局どちらも成功しないこと」のたとえです。 元となる英語のことわざは「If you run after two hares you will catch neither」となります。

7
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

「二兎追うものは一兎も得ず」とはいいますが、もし叶うなら、どちらも手に入れられたら嬉しいのではないでしょうか。 ちなみに、「うさぎ」の数え方ですが、「匹」のほかに 「羽(わ)」と数える場合もあります。 「二兎を追うものは一兎をも得ず」の類語と類似表現・反対語 「二兎を追うものは一兎をも得ず」の類語は「虻蜂取らず」 「虻蜂取らず」(あぶはちとらず)とは、「虻と鉢の両方を取ろうとしたらどちらも取れなかった」ことを例えた、「二兎を追うものは一兎をも得ず」同様の「欲張るとどちらも得られない」ことを意味する慣用句です。

7
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

一つの石を投げて、二羽の鳥を落とすことからきたものです。 高校三年生の夏には、引退試合があります。 しかし、片方のことを頑張っている時間は、もう片方のことに取り組むことができません。

追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

「一挙」には、「一つ一つの動作」や「一回の行動」という意味があります。 二兎を追う者は一兎も得ず• なぜ鳥類ではないうさぎが「羽」なのか、疑問に思われるかもしれません。 二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉の通り、今は仕事か恋愛の1つに絞るべきだ 例文2. ・Between two stools you fall to the ground. 「一も取らず二も取らず」や「花も折らず実も取らず」、「欲す鷹は爪落とす」といったことわざも近い意味として使用されることがあります。

1
追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

また、文脈によって「ーどころか」「ーを追わなければ」などと表すこともあります。 まとめ 「二兎を追うものは一兎をも得ず」とは、「同時に2つを欲張ると何も得られない」と言う意味を持つことわざ。 このローマの説もいくつか存在しますが、代表的な説なのが、狩人のお話です。

追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎 追う もの は 兎 得 も 一 ず 二兎

二兎を追う者は一兎をも得ずの由来 元々はローマのことわざとして由来があるとされていますが、正確な起源は明確にされていません。 また、冬には入試がありますよね。 「兎」と言う漢字は「うさぎ」と読み、「二兎」とは「二匹のうさぎ」を意味します。

19