あげつらう 例文。 【あげく】の例文や意味・使い方

例文 あげつらう 例文 あげつらう

つまり、あれこれと物事を「挙げられ続けている」状態が「論う」です。 言葉の意味として知っておくことは大事ですが、人に対して積極的に使う言葉ではないと覚えてください。

16
例文 あげつらう 例文 あげつらう

ぼくはかれのあやしげな話をあげつらうことはしなかったし、そんなつもりもなかうだ。

14
例文 あげつらう 例文 あげつらう

「片」という字は、 「片方」「片足」などの熟語がありますよね? ここから、「一つの・わずかの」 という意味になるわけですね。 この恋愛詩はボードレールの影響があちらこちらに見られて、それをあげつらうことは簡単である。 酔ったうえでの迷惑行為……酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為 これらの多くは、かつては「酒の上での無礼講」と呼ばれていた行為ですが、無礼講と思っているのは本人だけで、周りにとっては非常に迷惑で危険な行為と受け止められる可能性があります。

例文 あげつらう 例文 あげつらう

いつ自分が被害者、もしくは加害者になるかわからない環境の中で、「知らなかった」では済まされないハラスメントについて、押さえておきましょう。 「職場内での優位性」とは、職務上の地位に限らず、人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

1
例文 あげつらう 例文 あげつらう

妻の行動を監視・束縛したがる……妻の身だしなみに関してさえも「こうしろ」「これはするな」と口を出し、監視と束縛によって妻の行動を掌握したがる• 何やかやとあげつらいながらそれが作者の実際の体験なのかどうかを白状させようとかかっているのである。 「問題ない」の反対である「問題ある」を丁寧語にすると、「問題あります」という言葉になります。

15
例文 あげつらう 例文 あげつらう

つまり、「非の打ち所がない」の意味は、「 非難すべきところがない」です。

19