ホンダ n バン。 ライダーに朗報! 驚異的な積載力のトランポ登場…ホンダ N

バン ホンダ n バン ホンダ n

ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)• なお、軽特種用途車は消防車など使用目的が特殊な用途の軽自動車のことだ。 友人のトランポの買い替えを機に興味を持った1台 古いホンダのストリートの魅力から離れられない自分に新しいホンダを感じさせて貰った車両です ホンダスピリットを継いだN-BANに乗せて貰いました 【エクステリア】 良くも悪くもホンダっぽいデザイン 先代とは全く違いますがコンセプトは受け継いでいます 個人的にはこの辺りは好みです ミラのウォークスルーバンを思い出したのは私だけでしょうか!? 笑 【インテリア】 N-BOXと比べる方がいますがそれは違います 実用車としては良く出来ていると思いますが質は実用車のそれです ただ安っぽさを感じ無い仕上がりになってます 続きを読む 割り切りですが他の箱バンよりは良い仕上がりになります 【エンジン性能】 商用車だけありエンジンの出来が一番気になりましたがやはりエンジンのホンダです 盛り上がり感も十分にあり回している感も心地良いです トルクもCVTとの相性で十分な動力性能と思いました 普段使いでは不満を感じさせないエンジンですね 【走行性能】 現行車だけあり街中での性能は問題無しです ハンドリングもホンダ車特有の軽さは無くなり重くも無く軽くも無い滑らかなハンドリングです CVTが思った以上頭が良くN-BAN専用チューニングしたのか? 空走感も回転数との違和感は感じられません これはN-BOXで感じた物をそのままに更に貨物用にした感じですね 積載を考慮しているので空荷やトランポ程度では不満は無いと思います 2人乗りでバイク積んだ程度では問題は無さそうです 商用タイヤのプアさと車高の高さによる横風やカーブの影響は受けやすいです それでも他の箱バンよりは抑えられていると思います 濡れた上り坂や圧雪路面、落ち葉に乗るとFFの癖が出ます 気になる方は4駆もあるのでそちらが良いですよと友人が言ってます 【乗り心地】 12インチの商用としては思った程悪く無いです ちゃんとした足回りで良い仕事していますね 綺麗にギャップも超えてドスンドスンはありませんでした 運転席は乗り心地は上質ですが運転席以外はエマージェンシーシートですね 助手席に奥さんを長距離移動で乗せるには?不満が出るレベルです 友人の運転で助手席は狭く調整の利かないせいもあり30キロ程度の移動でもしんどいですね これは折り畳み優先の弊害ですが実用と考えると仕方ないのかなとも思います 趣味や仕事での一人乗りの車両と思いました 【燃費】 エブリイ64ターボワゴンから比べると随分良いそうです NAですので13~15程度と言ってたと思います あの車高と重さなら納得ですね 【価格】 150万で収まったそう ナビは無いですがホンダセンシングも標準装備で納得価格です 上級グレードを買うとなるとそうはいけません 最近の軽は高くなりましたと言われますがこれ位なら十分で無いでしょうか? 【総評】 最新の安全装備を持つ商用バン 実用と遊び専用に割り切ったスタイルは好感がもてます 後ろからバイクや自転車を積むのも低い荷台高のせいで非常に楽ちん カスタマイズしやすいサイドのパネルも下穴が有ったり小物入れが揃ってますので色々出来ます フックもあちこち装備されてますのでバイクが趣味な方の評価が高いのもうなずけます 私もストリートからの買い替え候補を探しているのですが中々無い 参考に見せて貰い乗らせて貰いましたが残念ながら買い替え候補にはなりませんでした 嫁を乗せて趣味のキャンプや小型バイクを2台載せて旅行と言う使い方には使えないんですよね 今の箱バンでは可能何ですがこれは1人用です 大人の1人旅なら十分にありですね 使う相手を選ぶバンなのは少し残念ですがその割り切りが出来るなら最高の相棒になると思います• Car Watch 2018年7月13日• ホンダ 新型N-VAN• プレスリリース , 本田技研工業株式会社, 2021年2月4日 , 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

6
バン ホンダ n バン ホンダ n

。 その1番が支払いについてだ。

バン ホンダ n バン ホンダ n

ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)• サイズはもちろん、カタチ、色、使い勝手が大事で、さらに素材とか縫い目とか「こんなところにポケットが」的な製作側のこだわりや工夫みたいなものが見えてこないと、物欲センサーが反応しないのだ。 感心する。 ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)• ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)• ホンダ 新型N-VAN• ホンダ 新型N-VAN/L Honda SENSINGL Honda SENSING/タフタホワイトII(CVT)• それだけに室内が広いというか「使いやすい間取り」のクルマには魅力を感じるのだ。

1
バン ホンダ n バン ホンダ n

支払額を優先すれば4WDモデルは選びにくいと思うが、そこは日ごろから「変わった人」と言われる自分。

12
バン ホンダ n バン ホンダ n

趣味の車に最適~釣り用~ 以前はハスラーに乗っていましたが、より長い釣り竿が収納できるN-VANに買い換え 【エクステリア】 四角過ぎず丸過ぎずかわいいと思います。

13
バン ホンダ n バン ホンダ n

7月11日 仕様変更。 じつはこれがとても重要で、バンを買ってきたらまずフックを最適な場所を取り付けなければならないのだが、N-VANのフックは見事と言える位置にあり、これまた舌を巻く。

バン ホンダ n バン ホンダ n

また、軽量かつ高強度な素材を各所に配置することで衝突安全性能に貢献するとともに、助手席ドアと左側スライドドアには、センターピラーの機能を内蔵したドアインピラー構造を採用し、ドアオープン時には、大口の開口部を実現しながらもドアクローズ時はピラー構造と同等の衝突安全性能を確保しています。 さらに、N-VANのような新型車なら試乗車も用意されていることが多いので、実際の乗り心地や内装を確認することもできるだろう。