鉄道 唱歌。 鉄道唱歌/山陽・九州篇

唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で 発行されておらず)、 かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、 かつ、の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においての状態にあります。 八幡宮 ( はちまんぐう )の 石段 ( いしだん )に 立 ( た )てる 一 ( ひと ) 木 ( き )の 大 ( おほ ) 鴨脚樹 ( いてふ ) 別當 ( べつたう ) 公 ( く ) 曉 ( げう )のかくれしと 歴 ( れき ) 史 ( し )にあるはこの 蔭 ( かげ )よ• 中野荻窪吉祥寺 境町より十余町 多摩上水の岸の辺は 桜ならざる里もなし• 比良 ( ひら )の 高 ( たか ) 嶺 ( ね )は 雪 ( ゆき )ならで 花 ( はな )なす 雲 ( くも )にかくれたり 矢 ( や ) 橋 ( ばせ )にいそぐ 舟 ( ふね )の 帆 ( ほ )も 見 ( み )えてにぎはふ 波 ( なみ )の 上 ( うへ )• 祇 ( ぎ ) 園淸水 ( をんきよみづ ) 知 ( ち ) 恩院 ( おんゐん ) 吉 ( よし ) 田 ( だ ) 黑谷眞如堂 ( くろだにしんによだう ) ながれも 淸 ( きよ )き 水上 ( みなかみ )に 君 ( きみ )が 代 ( よ )まもるかもの 宮 ( みや )• 今は鉄橋渡るぞと 変わる景色のおもしろさ 歌のモデルとなった御殿場駅のホームでの風景とは? 静かな響き聞けば 遠い町を思い出す 自動車、電車、バス、汽車、馬車、自転車など、乗り物に関する世界のうた・音楽まとめ. こげや/\いざ 船 ( ふな ) 子 ( こ ) 鏡 ( かゞみ )なせる 海 ( うみ )の 上 ( うへ ) 波 ( なみ )に 浮 ( うか )ぶ 八百 ( はつぴやく )の 島 ( しま )の 影 ( かげ )もおもしろや• 心なぐさむ更級や 姨捨山にてる月は 秋は田毎にうつろいて 四郡の平野朧なり• ふたゝびかへる 鳥栖 ( とす )の 驛 ( えき ) 線 ( せん ) 路 ( ろ )を 西 ( にし )に 乘 ( の )りかへて ゆけば 間 ( ま )もなく 佐賀 ( さが )の 町 ( まち ) 城 ( しろ )にはのこる 玉 ( たま )のあと• 煙󠄁 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 橫 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• 大森 ( おほもり ) 蒲 ( かま ) 田 ( だ ) 川崎 ( かはさき )や 鶴 ( つる ) 見 ( み )もいつかあとにして 東 ( ひがし ) 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 立 ( た )つ 汽 ( き ) 車 ( しや )の 行 ( ゆ )くてはそれよ 八王 ( はちわう ) 寺 ( じ ) 〔 〕• おもへば 夢 ( ゆめ )かときのまに 一百 ( いつぴやく ) 五 ( ご ) 十 ( じふ ) 里 ( り )はしりきて 神 ( かう ) 戶 ( べ )の 宿 ( やど )に 身 ( み )をおくも げに 文󠄁明 ( ぶんめい )のたまものぞ• ありがとうございます。 那波 ( なは )の 驛 ( えき )から 西 ( にし ) 南 ( みなみ ) 一 ( いち ) 里 ( り )はなれて 赤 ( あか ) 穗 ( ほ )あり 四 ( し ) 十七 ( じふしち ) 士 ( し )が 仕 ( つか )へたる 淺 ( あさ ) 野 ( の ) 内 ( たく ) 匠 ( み )の 城 ( しろ )のあと• 竜王韮崎日野春は 八ヶ岳をば右に見て 小渕沢より富士見台 海抜三千百余尺• 帝國第 ( ていこくだい ) 二 ( に )に 位 ( くらゐ )して 商工 ( しやうこう )さかゆる 大阪 ( おほさか ) 市 ( し ) 安治 ( あぢ ) 川口 ( かはぐち )に 入 ( い )る 舟 ( ふね )の 煙 ( けむり )はたゆるひまもなし• 小野の滝つせ霧はれて しぶきに虹ぞ立ちわたる 名所めぐりも束の間に須原の宿や野尻駅• 夏 ( なつ )なほ 寒 ( さむ )き 布引 ( ぬのびき )の 瀧 ( たき )のひゞきをあとにして 神 ( かう ) 戸 ( べ )の 里 ( さと )を 立 ( た )ちいづる 山陽線 ( さんやうせん ) 路 ( ろ )の 汽 ( き ) 車 ( しや )の 道 ( みち )• 底本:• 待ちに待ちたる中央の 鉄路もここに全通し 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ 国運ますます隆盛に 栄ゆる御代ぞめでたけれ. 一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

歌手: 作詞: 作曲: 汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕 あたご の山に入りのこる 月を旅路の友として 右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消えのこる 名は千載 せんざい の後までも 窓より近く品川の 台場も見えて波白く 海のあなたにうすがすむ 山は上総 かずさ か房州か 鶴見神奈川あとにして ゆけば横浜ステーション 湊を見れば百舟 ももふね の 煙は空をこがすまで はるかにみえし富士の嶺は はや我そばに来りたり 雪の冠雲の帯 いつもけだかき姿にて 三保の松原田子の浦 さかさにうつる富士の嶺を 波にながむる舟人は 夏も冬とや思うらん 名だかき金の鯱 しゃちほこ は 名古屋の城の光なり 地震のはなしまだ消えぬ 岐阜の鵜飼も見てゆかん いよいよ近く馴れくるは 近江の海の波のいろ その八景も居ながらに 見てゆく旅の楽しさよ 東寺の塔を左にて とまれば七条ステーション 京都京都と呼びたつる 駅夫のこえも勇ましや 夏は納涼 すずみ の四条橋 冬は雪見の銀閣寺 桜は春の嵯峨御室 おむろ 紅葉は秋の高雄山 おくり迎うる程もなく 茨木吹田うちすぎて はや大阪につきにけり 梅田は我をむかえたり おもえば夢か時のまに 五十三次はしりきて 神戸のやどに身をおくも 人に翼の汽車の恩 明けなば更に乗りかえて 山陽道を進ままし 天気はあすも望あり 柳にかすむ月の影. 出 ( で ) 船入船 ( ぶねいりぶね )たえまなき 商 ( しやう ) 業繁華 ( げふはんくわ )の 三田 ( みた ) 尻 ( じり )は 山陽線 ( さんやうせん ) 路 ( ろ )のをはりにて 馬 ( ば ) 關 ( くわん )に 延 ( の )ばす 汽 ( き ) 車 ( しや )のみち• 西には望むアルプスの 嶺には斑れの雪景色 めでつつ語る程もなく 村井を過ぎて松本市• つかれてあびる 武 ( たけ ) 雄 ( を )の 湯 ( ゆ ) みやげにするは 有 ( あり ) 田 ( た ) 燒 ( やき ) めぐる 車輪 ( しやりん )の 早 ( はや ) 岐 ( き )より 右 ( みぎ )にわかるゝ 佐世保 ( させほ ) 道 ( みち )• 伊豆と相模ですから、「豆相」が正解。 靈驗今 ( れいけんいま )にいちじるく 讃 ( さぬ ) 岐 ( き )の 國 ( くに )に 鎭 ( ちん ) 座 ( ざ )ある 金刀比羅 ( ことひら ) 宮 ( ぐう )に 參 ( まゐ )るには 玉島港 ( たましまかう )より 汽 ( き ) 船 ( せん )あり• こゝに 起 ( おこ )りて 越 ( ゑち ) 後 ( ご )まで つゞく 岩越線 ( がんゑつせん ) 路 ( ろ )あり 工 ( こう ) 事 ( じ )はいまだ 半 ( なかば )にて 今 ( いま )は 若松會 ( わかまつあひ ) 津 ( づ )まで• 都に入りし甲斐もなく 覇業空しくくずおれし 地下の恨みやこむるらむ 鐘の音さびし徳音字• 松川 ( まつかわ )すぎてトン子ル 〔 〕を いづれば 來 ( きた )る 福島 ( ふくしま )の 町 ( まち )は 縣 ( けん ) 廳 ( ちやう ) 所在 ( しよざい )の 地 ( ち ) 板倉氏 ( いたくらうぢ )の 舊 ( きう ) 城 ( じやう ) 下 ( か )• 鳥 ( とり )も 翔 ( かけ )らぬ 大空 ( おほぞら )に かすむ 五 ( ご ) 重 ( ぢゆう )の 塔 ( たふ )の 影 ( かげ ) 佛法最初 ( ぶつぽふさいしよ )の 寺 ( てら )と 聞 ( き )く 四 ( し ) 天王 ( てんわう ) 寺 ( じ )はあれかとよ• 身 ( み )は 沈 ( しづ )めども 忘 ( わす )れぬは 海 ( うみ )より 深 ( ふか )き 君 ( きみ )の 恩 ( おん ) かたみの 御 ( ぎよ ) 衣 ( い )を 朝毎 ( あさごと )に さゝげてしぼる 袂 ( たもと )かな• 小笠原家の興廃を ここに定めし古戦場 永井の坂に武士の 夢の跡をや弔わむ• 白雲 ( しらくも )かゝる 彦山 ( ひこさん )を 右 ( みぎ )にながめて 猶 ( なほ )ゆけば 汽 ( き ) 車 ( しや )は 宇佐 ( うさ )にて 止 ( と )まりたり 八 ( や ) 幡 ( はた )の 宮 ( みや )に 詣 ( まう )でこん• 作曲:福山直秋• 浅間の温泉賑わいて 入浴の客の足繁く くる人絶えぬ白糸の 御湯は山辺の里にあり• 中央線鉄道唱歌 [ ]• 滿 ( み )ち 引 ( ひ )く 汐 ( しほ )も 早鞆 ( はやとも )の 瀬戸 ( せと )と 呼 ( よ )ばるゝ 此海 ( このうみ )は 源平 ( げんぺい ) 兩 ( りやう ) 氏 ( し )の 古 ( こ ) 戰 ( せん ) 塲 ( じやう ) 壇 ( だん )の 浦 ( うら )とはこれぞかし• おくり 迎 ( むか )ふる 程 ( ほど )もなく 茨木 ( いばらき ) 吹 ( すひ ) 田 ( た )うちすぎて はや 大阪 ( おほさか )につきにけり 梅 ( うめ ) 田 ( だ )はわれをむかへたり• しば/\くゞるトン子ル 〔 〕を 出 ( で )てはながむる 浦 ( うら )の 波 ( なみ ) 岩 ( いは )には 休 ( やす )む 鴎 ( かもめ )あり 沖 ( おき )には 渡 ( わた )る 白 ( しら ) 帆 ( ほ )あり• 栗林さんに教えていただきました。

8
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

大曽根千種も早過ぎて 鶴舞公園目のあたり 身支度整う程もなく 汽車は名古屋に着きにけり• また 本線 ( ほんせん )に 立 ( た )ちかへり 藤󠄇澤茅崎平󠄁塚 ( ふぢさはちがさきひらつか )も 過󠄁 ( す )ぎて 名 ( な ) 高 ( だか )き 大磯 ( おほいそ )や 海水浴 ( かいすいよく )のはじめの 地 ( ち )• 山 ( やま )はうしろに 立 ( た )ち 去 ( さ )りて 前 ( まへ )に 來 ( きた )るは 琵琶 ( びは )の 海 ( うみ ) ほとりに 沿 ( そ )へる 米原 ( まいばら )は 北陸線 ( ほくりくせん )の 分 ( ぶん ) 岐 ( き ) 點 ( てん )• 早くも過ぐる大曽根や 花の千種の八事山 たび路の憂さも忘られて 名古屋の駅に着きにけり• 琵琶湖 ( びはこ )を 引 ( ひ )きて 通 ( とほ )したる 疏 ( そ ) 水 ( すゐ )の 工 ( こう ) 事 ( じ )は 南禪 ( なんぜん ) 寺 ( じ ) 岩 ( いは ) 切 ( き )り 拔 ( ぬ )きて 舟 ( ふね )をやる 知 ( ち ) 識 ( しき )の 進 ( しん ) 歩 ( ぽ )も 見 ( み )られたり• こゝに 開 ( ひら )きし 頼朝 ( よりとも )の 幕 ( ばく ) 府 ( ふ )のあとはいづかたぞ 松風 ( まつかぜ )さむく 日 ( ひ )は 暮 ( く )れて こたへぬ 石 ( せき ) 碑 ( ひ )は 苔青 ( こけあを )し• 神社佛閣山水 ( じんしやぶつかくさんすゐ )の 外 ( ほか )に 京 ( きやう ) 都 ( と )の 物產 ( ぶつさん )は 西陣織󠄂 ( にしぢんおり )のあや 錦 ( にしき ) 友禪染 ( ゆうぜんぞめ )の 花󠄁 ( はな )もみぢ• 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 過󠄁 ( す )ぎて 平󠄁沼 ( ひらぬま )の あなたを 見 ( み )れば 百船󠄂 ( もゝふね )の 煙󠄁 ( けむり )は 空󠄁 ( そら )をこがすまで こゝ 橫濱 ( よこはま )の 大 ( おほ ) 港󠄁 ( みなと )• いつしかまたも 闇 ( やみ )となる 世 ( せ ) 界 ( かい )は 夜 ( よる )か 隧道 ( トンネル )か 小夜 ( さよ )の 中山 ( なかやま ) 夜 ( よ ) 泣石 ( なきいし ) 問 ( と )へども 知 ( し )らぬよその 空 ( そら )• 薮原駅の名物は 今もお六の玉くしげ あけなば云わで山吹の 古城は花の名のみなり• 君 ( きみ )が 八千代 ( やちよ )の 久 ( ひさ )の 濱 ( はま ) 木奴美 ( こぬみ )が 浦 ( うら )の 波 ( なみ )ちかく をさまる 國 ( くに )の 平 ( たひら ) 町 ( まち ) 並 ( ならび )が 岡 ( をか )のけしきよし• 五百里の山は深けれど 人住む里は打拓け 南北都留の両郡は 甲斐絹織の名産地• 瀧内さんに教えていただきました。

9
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

五木の翠鬱葱と 御料の林枝栄え 伊勢の内戸の御あらかに 奉行は運ぶ宮ばしら• 朝 ( あした )の 帆 ( ほ ) 影夕 ( かげゆふ ) 烟 ( けむり ) 西北 ( にしきた )さしてゆく 船 ( ふね )は 鳥も 飛 ( と )ばぬと 音 ( おと )にきく 玄界洋 ( げんかいなだ )やわたるらん• 春 ( はる )さく 花 ( はな )の 藤枝 ( ふぢえだ )も すぎて 島 ( しま ) 田 ( だ )の 大 ( おほ ) 井 ( ゐ ) 川 ( がは ) むかしは 人 ( ひと )を 肩 ( かた )にのせ 渡 ( わた )りし 話 ( はなし )も 夢 ( ゆめ )のあと• 播 ( はり ) 磨 ( ま )すぐれば 燒物 ( やきもの )の 名 ( な )に 聞 ( き )く 備 ( び ) 前 ( ぜん )の 岡山 ( をかやま )に これも 名物 ( めいぶつ ) 吉備 ( きび ) 團 ( だん ) 子 ( ご ) 津 ( つ ) 山 ( やま )へ 行 ( ゆ )くは 乘 ( のり )かへよ• 青梅の里へ行く人の 袂を分つ立川や 手作りさらす多摩川の 末は帝都の飲料水• 三留野を出でて木曽川を 渡る鉄橋五十間 しず母の風景釣越は 昔の道中忍ばるる• 遙 ( はるか )に 見 ( み )えし 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )は はやわがそばに 來 ( きた )りたり 雪 ( ゆき )の 冠 ( かんむり ) 雲 ( くも )の 帶 ( おび ) いつもけだかき 姿 ( すがた )にて• 磯 ( いそ )にはながめ 晴 ( は )れわたる 和田 ( わだ )のみさきを 扣 ( ひか )へつゝ 山 ( やま )には 絕 ( た )えず 布引 ( ぬのびき )の 瀧󠄆 ( たき ) 見 ( み )に 人 ( ひと )ものぼりゆく• 立川越えて多摩川や 日野に豊田や八王子 織物業で名も高く 中央線の起点なり• 女鳥羽の水は変われども 五層の天主今も猶 三百年のいにしえの 名残とどむる深志城• 右 ( みぎ )にながむる 鯛 ( たひ )の 浦 ( うら ) 鯛 ( たひ )つる 舟 ( ふね )もうかびたり 名 ( な )も 諫早 ( いさはや )の 里 ( さと )ならぬ 旅 ( たび )の 心 ( こゝろ )やいさむらん• 渚 ( なぎさ )に 近 ( ちか )き 湯野 ( ゆの ) 島 ( しま )を 見 ( み )つゝくゞれるトン子ル 〔 〕の 先 ( さき )は 野 ( の ) 内 ( ない )か 浦町 ( うらまち )か 浦 ( うら )のけしきの 晴 ( は )れやかさ• 汽 ( き ) 車 ( しや )に 乘 ( の )りても 松島 ( まつしま )の 話 ( はなし )かしまし 鹿 ( か ) 島臺 ( しまだい ) 小牛田 ( こゞた )は 神 ( かみ )の 宮 ( みや )ちかく 新 ( につ ) 田 ( た )は 沼 ( ぬま )のけしきよし• 堅 ( かた ) 田 ( た )におつる 雁 ( かり )がねの たえまにひゞく 三井 ( みゐ )の 鐘 ( かね ) 夕 ( ゆふ )ぐれ 寒󠄁 ( さむ )き 唐󠄁崎 ( からさき )の 松󠄁 ( まつ )にや 雨 ( あめ )のかゝるらん• 金 ( きん )と 石 ( いし )との 小 ( こ ) 金 ( がね ) 井 ( ゐ )や 石橋 ( いしばし )すぎて 秋 ( あき )の 田 ( た )を 立 ( た )つや 雀 ( すゞめ )の 宮 ( みや ) 鼓 ( つゞみ ) 宇都 ( うつの ) 宮 ( みや )にもつきにけり• 底本:• あひて 別 ( わか )れて 別 ( わか )れては またあふ 海 ( うみ )と 磯 ( いそ )の 松 ( まつ ) 磯原 ( いそはら )すぎて 高萩 ( たかはぎ )に 假 ( か )るや 旅 ( たび ) 寢 ( ね )の 高 ( たか ) 枕 ( まくら )• 沼 ( ぬま ) 津 ( づ )の 海 ( うみ )に 聞 ( きこ )えたる 里 ( さと )は 牛臥 ( うしぶせ ) 我 ( が ) 入道 ( にふだう ) 春 ( はる )は 花 ( はな )さく 桃 ( もゝ )のころ 夏 ( なつ )はすゞしき 海 ( うみ )のそば• 初鹿野塩山向嶽寺 温泉効験いと多く 差出の磯の日下部と 螢で名高き石和町• 汽 ( き ) 車 ( しや )より 逗子 ( づし )をながめつゝ はや 橫 ( よこ ) 須賀 ( すか )に 着 ( つ )きにけり 見 ( み )よ 軍港󠄁 ( ぐんかう )の 雄大 ( いうだい )を げに 東海 ( とうかい )のしづめなり• こゝぞ 昔 ( むかし )の 難 ( なに ) 波 ( は )の 津 ( つ ) こゝぞ 高 ( たか ) 津 ( つ )の 宮 ( みや )のあと 千 ( せん ) 古 ( こ )の 英雄秀吉 ( えいいうひでよし )の おもかげ 城󠄀 ( しろ )に 殘 ( のこ )りたり• 鞘 ( さや )より 拔 ( ぬ )けておのづから 草 ( くさ )なぎはらひし 御 ( み ) 劒 ( つるぎ )の 御 ( み ) 威 ( いつ )は 千代 ( ちよ )に 燃 ( も )ゆる 火 ( ひ )の 燒 ( やい ) 津 ( づ )の 原 ( はら )はこゝなれや• いよ/\ 近 ( ちか )く 馴 ( な )れくるは 近 ( あふ ) 江 ( み )の 海 ( うみ )の 波 ( なみ )のいろ その 八景 ( はつけい )も 居 ( ゐ )ながらに 見 ( み )てゆく 旅 ( たび )の 樂 ( たの )しさよ• 東夷を打ちきため 夜には九夜日には又 十日重ねし旅衣 酒折の宮はかしこしや• 中村 ( なかむら )いでゝ 打 ( う )ちわたる 川 ( かは )は 眞野 ( まの ) 川新 ( がはにつ ) 田 ( た ) 川 ( がは ) 原 ( はら )の 町 ( まち )より 歩 ( ほ ) 行 ( かう )して 妙見 ( めうけん )まうでや 試 ( こゝろ )みん• 豐橋 ( とよはし )おりて 乘 ( の )る 汽 ( き ) 車 ( しや )は これぞ 豐川 ( とよかは ) 稻 ( い ) 荷 ( なり )みち 東海道󠄁 ( とうかいだう )にてすぐれたる 海 ( うみ )のながめは 蒲 ( がま ) 郡 ( ごほり )• 水 ( みづ )は 川 ( かは ) 瀬 ( せ )の 石 ( いし )こして さきちる 波 ( なみ )の 花 ( はな ) 泉 ( いづみ ) 一 ( いち )の 關 ( せき )より 陸中 ( りくちう )と きけば 南 ( なん ) 部 ( ぶ )の 舊 ( きう ) 領 ( りやう ) 地 ( ち )• 註: この文書ではが使用されています。 阿武 ( あふ ) 隈川 ( くまがは )の 埋 ( うもれ ) 木 ( ぎ )も 仙臺平 ( せんだいひら )の 袴 ( はかま ) 地 ( ぢ )も 皆 ( みな )この 土地 ( とち )の 産物 ( さんぶつ )ぞ みてゆけこゝも 一日 ( いちにち )は• 出 ( い )でてはくゞる 隧道 ( トンネル )の 前 ( ぜん ) 後 ( ご )は 山北 ( やまきた ) 小 ( こ ) 山驛 ( やまえき ) 今 ( いま )もわすれぬ 鐵橋 ( てつけう )の 下 ( した )ゆく 水 ( みづ )のおもしろさ• 前 ( まへ )は 海原 ( うなばら )はてもなく 外 ( と )つ 國 ( くに )までもつゞくらん あとは 鐵道一 ( てつだうひと )すぢに またゝくひまよ 青森 ( あをもり )も• さし出の磯の村千鳥 鳴きて過ぎ行く日下部や 石和の川に夜をこめて 鵜飼舟に棹ささむ• Furusawaさんにご指摘いただきました。 汽 ( き ) 笛 ( てき )ならして 客 ( きやく )を 待 ( ま )つ 汽 ( き ) 船 ( せん )に 乘 ( の )れば 十 ( じふ ) 五 ( ご ) 分 ( ふん ) 早 ( はや )くもこゝぞ 市 ( いち ) 杵 ( き ) 島 ( しま ) 姫 ( ひめ )のまします 宮 ( みや )どころ• 煙 ( けぶり )を 水 ( みづ )に 横 ( よこ )たへて わたる 濱 ( はま ) 名 ( な )の 橋 ( はし )の 上 ( うへ ) 袂 ( たもと )すゞしく 吹 ( ふ )く 風 ( かぜ )に 夏 ( なつ )も 殘 ( のこ )らずなりにけり• 勢田 ( せた )の 長橋 ( ながはし ) 左 ( ひだり )に 見 ( み ) ゆけば 石山 ( いしやま ) 觀 ( くわん ) 世 ( ぜ ) 音 ( おん ) 紫式 ( むらさきしき ) 部 ( ぶ )が 筆 ( ふで )のあと のこすはこゝよ 月 ( つき )の 夜 ( よ )に• 海の幸ある塩山の 温泉に遊ぶ夕間ぐれ 晩鐘ひびく恵林寺は 夢窓国師の大伽藍• 木曽の都の福島は 御嶽詣での登り口 山腹高く桟橋を 過ぐればやがて上松よ• 末 ( すゑ )は 銚 ( てう ) 子 ( し )の 海 ( うみ )に 入 ( い )る 坂東 ( ばんどう ) 太 ( た ) 郎 ( らう )の 名 ( な )も 高 ( たか )し みよや 白 ( しら ) 帆 ( ほ )の 絶 ( たえ ) 間 ( ま )なく のぼればくだる 賑 ( にぎはひ )を• 釜戸瑞浪打ち過ぎて 土岐津多治見両町の 名高き産物陶器磁器 これぞ日本の輸出品• 大月駅に下り立ちて 南へ馬車の便を借り 富士の高嶺の雲分けて 千古の雪を踏みや見む• 将軍馬を洗いけむ 洗馬や贄川奈良井宿 駅路の鈴の音絶えて 汽笛は響く木曾の谷• 道は再び中山道 遠く連る越の道 是より西は木曽路にて 荒馬や贄川奈良井宿• 三 ( み ) 島 ( しま ) 驛 ( えき )には 官 ( くわん ) 幣󠄁 ( ぺい )の 三 ( み ) 島 ( しま ) 神社 ( じんしや )の 宮 ( みや ) 居 ( ゐ )あり 伊豆 ( いづ ) 鐵道󠄁 ( てつだう )に 乘 ( の )りかへて 一 ( ひと ) 夜 ( よ ) 泊 ( とま )らん 修善 ( しゆぜん ) 寺 ( じ )に• は/\を代用した。

9
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

鎭西一 ( ちんぜいいち )の 軍港 ( ぐんこう )と その 名 ( な )しられて 大村 ( おほむら )の 灣 ( わん )をしめたる 佐世保 ( させほ )には わが 鎭守 ( ちんじゆ ) 府 ( ふ )をおかれたり• 豐橋 ( とよはし )おりて 乘 ( の )る 汽 ( き ) 車 ( しや )は これぞ 豐川 ( とよかは ) 稻 ( い ) 荷 ( なり )みち 東海道 ( とうかいだう )にてすぐれたる 海 ( うみ )のながめは 蒲 ( がま ) 郡 ( ごほり )• 夏 ( なつ )はすゞみの 四 ( し ) 條橋 ( でうばし ) 冬 ( ふゆ )は 雪 ( ゆき ) 見 ( み )の 銀閣 ( ぎんかく ) 寺 ( じ ) 櫻 ( さくら )は 春 ( はる )の 嵯峨御 ( さがお ) 室 ( むろ ) 紅 ( もみ ) 葉 ( ぢ )は 秋 ( あき )の 高 ( たか ) 雄 ( を ) 山 ( さん )• 北 ( きた )には 饒 ( にぎ ) 津 ( つ )の 公園 ( こうゑん ) 地 ( ち ) 西 ( にし )には 宇 ( う ) 品 ( じな )の 新 ( しん ) 港 ( みなと ) 内海波 ( うちうみなみ )も 靜 ( しづか )なり 呉軍港 ( くれぐんかう )は 近 ( ちか )くして• 汽 ( き ) 車 ( しや )よりおりて 旅人 ( たびびと )の まづ 見 ( み )にゆくは 諏訪 ( すは )の 山 ( やま ) 寺町 ( てらまち )すぎて 居留 ( きよりう ) 地 ( ち )に 入 ( い )ればむかしぞ 忍 ( しの )ばるゝ• 山崎 ( やまざき )おりて 淀川 ( よどがは )を わたる 向 ( むか )ふは 男 ( をとこ ) 山 ( やま ) 行幸 ( ぎやうかう )ありし 先帝󠄁 ( せんてい )の かしこきあとぞ 忍󠄁 ( しの )ばるゝ• 東宮御所の壮観を 仰げばやがて信濃町 朝露清き練兵場 響く喇叭の音高し• 甲斐絹産地で知られたる 郡内地方は此あたり 山の中なる大月に 水力電気の事業あり• 遙 ( はるか )に 見 ( み )えし 富士 ( ふじ )の 嶺 ( ね )は はやわがそばに 來 ( きた )りたり 雪󠄁 ( ゆき )の 冠 ( かんむり ) 雲 ( くも )の 帶 ( おび ) いつもけだかき 姿󠄁 ( すがた )にて• 小野の社を伏し拝み 善知鳥を越えて右に見る 峠の麓塩尻は 篠井線の分岐点• 桔梗ヶ丘の古戦場 満目荒涼風寒く 北信満峰巍々として 深志の城は目に近し• 右は同時期の仁王門 三〇 ここにとどまるひまあらば 戸隠山にのぼり見ん 飯綱の原のほととぎす なのる初音もききがてら 三一 豊野と牟礼と柏原 ゆけば田口は早越後 軒まで雪の降りつむと ききし高田はここなれや 三二 雪にしるしの竿たてて 道をしへしも此あたり ふぶきの中にうめらるる なやみはいかに冬の旅 三三 港にぎはふ直江津に つきて見そむる海のかほ 山のみなれし目には又 沖の白帆ぞ珍しき 三四 春日新田犀潟(さいかた)を すぐれば来る柿崎の しぶしぶ茶屋は親鸞の 一夜宿りし跡と聞く 三五 鉢崎すぎて米山の くぐるトンネル七つ八つ いづれば広きわたの原 佐渡の国までくまもなし 三六 みわたす空の青海川 おりては汐もあみつべし 石油のいづる柏崎 これより海とわかれゆく 三七 安田北条来迎寺 宮内すぎて長岡の 町は名だたる繁華の地 製油の烟(けむり)そらにみつ 三八 汽車の窓より西北に ゆくゆく望む弥彦山(やひこやま) 宮は国幣中社にて 参拝男女(なんにょ)四時たえず 三九 弥彦にゆくは三条に おりよと人はをしへたり 吾身(わがみ)は何も祈らねど いのるは君が御代のため 弥彦神社(戦前) 四〇 加茂には加茂の宮ありて 木の間の鳥居いと清く 矢代田駅の近くには 金津の滝の音たかし 四一 十一年の御幸の日 かたじけなくも御車を とどめ給ひし松かげは 今この里にさかえたり 四二 もみぢは新津秋葉山 桜は亀田通心寺 わするな手荷物傘鞄 はやここなるぞ沼垂(ぬったり)は 四三 おるればわたる信濃川 かかれる橋は万代の 名も君が代とときはにて 長さは四百数十間 新潟万代橋(戦前) 四四 川のかなたは新潟市 舟ゆく水の便(たより)よく わたせる橋をかぞふれば およそ二百もありとかや 四五 春は白山公園地 一つににほふ梅桜 夏は涼しき日和山(ひよりやま) 鯛つる舟も目の前に 四六 汽船の煙海をそめ 商家の軒は日をおほふ げにも五港の一つとて 戸数万余の大都会 四七 新潟港を舟出して 海上わずか十八里 佐渡に名高き鉱山を 見てかへらんも益あらん 四八 佐渡には真野の山ふかく 順徳院の御陵(ごりょう)あり 松ふく風は身にしみて 袂(たもと)しぼらぬ人もなし 四九 波路やすけく直江津に かへりてきけば越中の 伏木にかよふ汽船あり いざのりかへて渡海せん 五〇 富山は越中繁華の地 ここよりおこる鉄道は 加賀越前をつらぬきて 東海道にであふなり 五一 薬に名ある富山市は 神通川の東岸 はるかに望む立山は 直立九千九百尺 五二 商業繁華の高岡を すぎて福岡石動(いするぎ)の 次に来るは津幡駅 七尾にゆかば乗りかへよ 五三 加賀越中の境なる 倶利伽羅山(くりからやま)は義仲が 五百の牛に火をつけて 平家攻めたる古戦場 五四 津幡七尾の其間 すぎゆく駅は八九箇所 邑智(おうち)の潟の青波に さをさす舟も羨まし 五五 七尾は能登の一都会 入海ひろく舟おほし ちかき和倉の温泉は 町きよらかに客たえず 五六 津幡にかへり乗りかへて ゆけば金沢ステーション 百万石の城下とて さすが賑ふ町のさま 五七 名も兼六の公園は 水戸岡山と諸共(もろとも)に かぞへられたる吾国の 三公園の其一つ 兼六園(戦前) 五八 柳みどりに花赤く おちくる滝の水白し 雲にそびゆる銅像は 西南役の記念碑よ 五九 第九師団も県庁も 皆此町にあつまりて 海の外までひびきたる その産物は九谷焼 六〇 松任(まつとう)美川うちすぎて わたる手取の川上に 雪を常磐の白山は 雲まにたかく聳(そび)えたり 六一 小松の北におとたかく ながるる水は安宅川(あたかがわ) 安宅の関は何くぞと 問はば嵐やこたふらん 六二 折りたく柴の動橋(いぶりはし) 武士が帯びたる大聖寺 こころ細呂木(ほそろぎ)すぎゆけば いろはの金津むかへたり 六三 三国港の海に入る 日野川こえて福井駅 ここに織り出す羽二重(はぶたえ)は 輸入の高も数千万 六四 大土呂鯖江あとにして 武生(たけふ) 鯖波はしりゆく 汽車は今こそ今庄に つきて燧(ひうち)の城も見つ 六五 海のながめのたぐひなき 杉津(すいづ)をいでてトンネルに 入ればあやしやいつのまに 日はくれはてて暗(やみ)なるぞ 六六 敦賀はげにもよき港 おりて見てこん名どころを 気比(けひ)の松原気比の海 官幣大社気比の宮 気比神宮(戦前) 六七 身を勤王にたふしたる 耕雲斎(こううんさい)の碑をとへば 松の木かげを指さして あれと子供はをしへたり 六八 疋田柳瀬中ノ郷 すぎゆく窓に仰ぎみる 山は近江の賤ヶ嶽(しずがたけ) 七本鎗の名も高し 六九 豊太閤(ほうたいこう)の名をとめし 轡(くつわ)の森は木の本の 地蔵と共に人ぞ知る 汽車の進みよ待てしばし 七〇 縮緬(ちりめん)産地の長浜に いでて見渡す琵琶の海 大津にかよふ小蒸気は 煙ふきたて人をまつ 七一 駅夫の声におどろけば 眠はさめて米原に つきたる汽車の速かさ みかへる伊吹雲ふかし 七二 おもへば汽車のできてより 狭くなりたる国の内 いでし上野の道かへて いざやかへらん新橋に. 右 ( みぎ )は 入海 ( いりうみ )しづかにて 空 ( そら )には 富士 ( ふじ )の 雪󠄁 ( ゆき )しろし 左 ( ひだり )は 遠󠄁州灘 ( ゑんしうなだ )ちかく 山 ( やま )なす 波 ( なみ )ぞ 碎 ( くだ )けちる• 神奈 ( かな ) 川 ( がは ) 過 ( す )ぎて 平沼 ( ひらぬま )の あなたを 見 ( み )れば 百船 ( もゝふね )の 煙 ( けむり )は 空 ( そら )をこがすまで こゝ 横濱 ( よこはま )の 大 ( おほ ) 港 ( みなと )• 疊 ( たゝみ )おもての 備 ( びん ) 後 ( ご )には 福山町 ( ふくやままち )ぞ 賑 ( にぎ )はしき 城 ( しろ )の 石垣 ( いしがき )むしのこす 苔 ( こけ )にむかしの 忍 ( しの )ばれて• 旭将軍義仲の 育ちし里は宮の越 傲る平家を討たばやと 旗揚げしたる南宮社• 伊勢路 ( いせぢ )の 旅 ( たび )はまたの 日 ( ひ )と 木曾 ( きそ ) 川 ( がは ) 越 ( こ )えて 美濃 ( みの )に 入 ( い )る 地 ( ぢ ) 震 ( しん )のはなしまだ 消 ( き )えぬ 岐阜 ( ぎふ )の 鵜 ( う ) 飼 ( かひ )も 見 ( み )てゆかん• これより 汽 ( き ) 車 ( しや )を 乘 ( の )りかへて 東 ( ひがし )の 濱 ( はま )に 沿 ( そ )ひゆかば 城 ( じやう ) 野 ( の ) 行橋宇島 ( ゆきはしうのしま )を すぎて 中 ( なか ) 津 ( つ )に 至 ( いた )るべし• 神崎 ( かんざき )よりは 乘 ( の )りかへて ゆあみに 登 ( のぼ )る 有 ( あり ) 馬 ( ま ) 山 ( やま ) 池 ( いけ ) 田 ( だ ) 伊 ( い ) 丹 ( たみ )と 名 ( な )にきゝし 酒 ( さけ )の 産 ( さん ) 地 ( ち )も 通 ( とほ )るなり• 坂下よりは飛騨海道 木曽路を後に中津駅 左に恵那山右に大井 電車に乗れば岩村町• 世 ( よ )にも 名 ( な ) 高 ( だか )き 興 ( おき ) 津 ( つ ) 鯛 ( だひ ) 鐘 ( かね )の 音 ( ね )ひゞく 清 ( きよ ) 見 ( み ) 寺 ( でら ) 清 ( し ) 水 ( みづ )につゞく 江 ( え ) 尻 ( じり )より ゆけば 程 ( ほど )なき 久 ( く ) 能山 ( のうざん )• 磯 ( いそ )にはながめ 晴 ( は )れわたる 和田 ( わだ )のみさきを 扣 ( ひか )へつゝ 山 ( やま )には 絶 ( た )えず 布引 ( ぬのびき )の 瀧 ( たき ) 見 ( み )に 人 ( ひと )ものぼりゆく• 御嶽詣での新道に 覚円の峰仙蛾滝 神工鬼鑿の勝景を 探る旅客ぞ日に多き• 海 ( うみ )にしばらく 別 ( わか )れゆく 小田 ( をだ )の 緑 ( みどり )の 中村 ( なかむら )は 陶 ( たう ) 器 ( き ) 産 ( さん ) 地 ( ち )と 兼 ( か )ねて 聞 ( き )く 相 ( さう ) 馬 ( ま )の 町 ( まち )をひかへたり• 千駄ヶ谷代々木新宿 中仙道は前を行き 南は品川東海道 北は赤羽奥羽線• 眠 ( ねむ )る 間 ( ま )もなく 熊本 ( くまもと )の 町 ( まち )に 着 ( つ )きたり 我 ( わが ) 汽 ( き ) 車 ( しや )は 九州一 ( きうしういち )の 大 ( だい ) 都 ( と ) 會 ( くわい ) 人口 ( じんこう ) 五 ( ご ) 萬 ( まん ) 四 ( し ) 千 ( せん )あり• 大久保つつじの花盛り 柏木中野に兵営を 見るや荻窪吉祥寺 境を過ぐれば国分寺• 東 ( ひがし )に 立 ( た )てる 東 ( ひがし ) 山 ( やま ) 西 ( にし )に 聳󠄃 ( そび )ゆる 嵐 ( あらし ) 山 ( やま ) かれとこれとの 麓 ( ふもと )ゆく 水 ( みづ )は 加茂 ( かも ) 川 ( がは ) 桂 ( かつら ) 川 ( がは )• 國府津 ( こふづ )おるれば 電車 ( でんしや )あり 小田 ( をだ ) 原 ( はら ) 熱 ( あた ) 海 ( み ) 行 ( ゆ )くもよし 箱 ( はこ ) 根 ( ね ) 八 ( はち ) 里 ( り )の 山道󠄁 ( やまみち )も あれ 見 ( み )よ 雲 ( くも )の 間 ( あひだ )より• 淨 ( じやう ) 土 ( ど ) 西國千 ( さいこくせん ) 光 ( くわう ) 寺 ( じ ) 寺 ( てら )の 名 ( な )たかき 尾道 ( を の みち )の 港 ( みなと )を 窓 ( まど )の 下 ( した )に 見 ( み )て 汽 ( き ) 車 ( しや )の 眠 ( ねむり )もさめにけり• 多賀 ( たが )の 碑 ( いしぶみ )ほどちかき 岩切 ( いはきり )おりて 乘 ( の )りかふる 汽 ( き ) 車 ( しや )は 鹽竈 ( しほがま ) 千賀 ( ちか )の 浦 ( うら ) いざ 船 ( ふね )よせよ 松島 ( まつしま )に 松島船 ( まつしまふな )あそび• 表記は歴史的仮名遣とし、漢字制限はJIS X 0208に文字が収録されていれば元の漢字をそのまま使った。

5
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

建見名方の神霊は 神宮寺の上社 日本第一軍神と 崇めまつるぞ尊けれ• 父󠄁 ( ちゝ )やしなひし 養󠄁老 ( やうらう )の 瀧󠄆 ( たき )は 今 ( いま )なほ 大垣 ( おほがき )を 三 ( さん ) 里 ( り )へだてゝ 流 ( なが )れたり 孝 ( かう ) 子 ( し )のほまれともろともに• ほまれの 花 ( はな )もさきにほふ 花岡山 ( はなをかやま )の 招魂社 ( せうこんしや ) 雲 ( くも )か 霞 ( かすみ )か 夕 ( ゆふ )ぞらに みゆるは 阿蘇 ( あそ )の 遠 ( とほ ) 煙 ( けむり )• 王 ( わう ) 子 ( じ )に 着 ( つ )きて 仰 ( あふ )ぎみる 森 ( もり )は 花 ( はな ) 見 ( み )し 飛鳥 ( あすか ) 山 ( やま ) 土器 ( かはらけ )なげて 遊 ( あそ )びたる 江戸 ( えど )の 名所 ( めいしよ )の 其一 ( そのひと )つ• 駿州一 ( すんしういち )の 大 ( だい ) 都 ( と ) 會 ( くわい ) 靜岡 ( しづをか ) 出 ( い )でて 安倍 ( あべ ) 川 ( かは )を わたればこゝぞ 宇津 ( うつ )の 谷 ( や )の 山 ( やま )きりぬきし 洞 ( ほら )の 道󠄁 ( みち )• 大和田建樹 おおわだたけき 作詞。 霞たなびく大内や 御濠にうかぶ松の陰 栄行く御代の安らけく 列車は出ずる飯田町• ここは名に負う笹小嶺 トンネル一万五千尺 徒歩にて越しは十年前 居ながら通る気楽さよ• 世にひびきわたる戦国の 名将武田信玄が 英魂毅魄とこしえに 眠りて覚めぬ大泉寺• 天 ( てん ) 下 ( か )の 旗 ( はた )は 徳川 ( とくがは )に 歸 ( き )せしいくさの 關原 ( せきがはら ) 草 ( くさ )むす 屍 ( かばね )いまもなほ 吹 ( ふ )くか 伊 ( い ) 吹 ( ぶき )の 山 ( やま )おろし• 川中島や善光寺 巡る名どころ数尽きて 又立帰る塩尻の 駅より道は西南• 福島町は御料局 木曾の支庁のある処 水を隔てて両岸に 連なる家は一千戸•。

1
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

出 ( い )でてはくゞる 隧道󠄁 ( トンネル )の 前󠄁 ( ぜん ) 後 ( ご )は 山北 ( やまきた ) 小 ( こ ) 山驛 ( やまえき ) 今 ( いま )もわすれぬ 鐵橋 ( てつけう )の 下 ( した )ゆく 水 ( みづ )のおもしろさ• 左 ( ひだり )にゆかば 前橋 ( まへばし )を 經 ( へ )て 高崎 ( たかさき )に 至 ( いた )るべし 足利 ( あしかゞ ) 桐生 ( きりふ ) 伊勢 ( いせ ) 崎 ( さき )は 音 ( おと )に 聞 ( きこ )えし 養蠶 ( やうさん ) 地 ( ち )• しのぶもじずり 摺 ( す )り 出 ( い )だす 石 ( いし )の 名所 ( めいしよ )も 程近 ( ほどちか )く 米澤 ( よねさは )ゆきの 鐵道 ( てつだう )は 此町 ( このまち )よりぞ 分 ( はか )れたる• 八幡宮 ( はちまんぐう )の 石段 ( いしだん )に 立 ( た )てる 一 ( ひと ) 木 ( き )の 大 ( おほ ) 鴨脚樹 ( いてふ ) 別當 ( べつたう ) 公󠄁 ( く ) 曉 ( げう )のかくれしと 歷 ( れき ) 史󠄁 ( し )にあるはこの 蔭󠄂 ( かげ )よ• 少 ( すこ )しくあとに 立 ( た )ちかへり 徳山港 ( とくやまかう )を 船 ( ふな ) 出 ( で )して 二 ( に ) 十 ( じふ ) 里 ( り )ゆけば 豐 ( ぶ ) 前 ( ぜん )なる 門司 ( もじ )の 港 ( みなと )につきにけり• あはれ 當 ( たう ) 時 ( じ )の 御 ( み ) 心 ( こゝろ )を おもひまつればいかならん 御 ( お ) 前 ( まへ )の 池 ( いけ )に 鯉 ( こひ )を 呼 ( よ )ぶ をとめよ 子等 ( こら )よ 旅人 ( たびびと )よ• いよ 〳 〵 近󠄁 ( ちか )く 馴 ( な )れくるは 近󠄁 ( あふ ) 江 ( み )の 海 ( うみ )の 波 ( なみ )のいろ その 八景 ( はつけい )も 居 ( ゐ )ながらに 見 ( み )てゆく 旅󠄁 ( たび )の 樂 ( たの )しさよ• 表記は歴史的仮名遣とし、漢字制限はJIS X 0208に文字が収録されていれば元の漢字をそのまま使った。

10
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

南 ( みなみ )は 球磨 ( くま )の 川 ( かは )の 水 ( みづ ) 矢 ( や )よりも 早 ( はや )くながれたり 西 ( にし )は 天草洋 ( あまくさなだ )の 海 ( うみ ) 雲 ( くも )かとみゆる 山 ( やま )もなし• 多治見に下車の旅人は 土岐の川辺の虎渓山 東濃一の勝境に 杖曳くことを忘るるな• 底本:• 走 ( はし )る 窓 ( まど )より 打 ( う )ち 望 ( のぞ )む 海 ( うみ )のけしきのおもしろさ 磯 ( いそ )に 貝 ( かひ )ほる 少女 ( をとめ )あり 沖 ( おき )に 帆 ( ほ )かくる 小 ( を ) 舟 ( ぶね )あり• 眼界一転うっそうと 繁は御料の林なり 広袤三十五万町 刈り出す木材無尽蔵• 尻内 ( しりうち )こせば 打 ( う )ちむれて 遊 ( あそ )ぶ 野 ( の ) 馬 ( うま )の 古 ( ふる ) 間木 ( まき )や 今日 ( けふ )ぞ 始 ( はじ )めて 陸奧 ( みちのく )の 海 ( うみ )とは 是 ( これ )かあの 船 ( ふね )は• 三 ( み ) 島 ( しま ) 驛 ( えき )には 官 ( くわん ) 幣 ( ぺい )の 三 ( み ) 島 ( しま ) 神社 ( じんしや )の 宮 ( みや ) 居 ( ゐ )あり 伊豆 ( いづ ) 鐵道 ( てつだう )に 乘 ( の )りかへて 一 ( ひと ) 夜 ( よ ) 泊 ( とま )らん 修善 ( しゆぜん ) 寺 ( じ )に• 一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。 明 ( あか ) 石 ( し )の 浦 ( うら )の 風景 ( ふうけい )を 歌 ( うた )によみたる 人麿 ( ひとまろ )の 社 ( やしろ )はこれか 島 ( しま )がくれ こぎゆく 舟 ( ふね )もおもしろや• 彩の衣手ふりはえて 都乙女がたもとおり 花狩りくらす小金井は 関東一の名所かな• 大石 ( おほいし ) 良 ( よし ) 雄 ( を )が 山科 ( やましな )の その 隱家 ( かくれが )はあともなし 赤 ( あか )き 鳥 ( とり ) 居 ( ゐ )の 神 ( かみ )さびて 立 ( た )つは 伏 ( ふし ) 見 ( み )の 稻 ( い ) 荷 ( なり ) 山 ( やま )• 羽二 ( はぶ ) 重 ( たへ )おりと 鐵瓶 ( てつびん )は 市 ( し )の 産物 ( さんぶつ )と 知 ( し )られたり 岩 ( いは ) 手 ( で )の 山 ( やま )の 峰 ( みね )よりも 南 ( なん ) 部 ( ぶ )の 馬 ( うま )の 名 ( な )ぞ 高 ( たか )き• 小 ( こ ) 倉 ( くら )に又も 立 ( た )ちもどり ゆけば 折 ( をり ) 尾 ( を )の 右 ( みぎ ) 左 ( ひだり ) 若松線 ( わかまつせん )と 直方 ( なほがた )の 道 ( みち )はこヽにて 出 ( で )あひたり• 勇 ( いさ )む 笛 ( ふえ )の 音 ( ね )いそぐ 人 ( ひと ) 汽 ( き ) 車 ( しや )は 著 ( つ )きけり 青森 ( あをもり )に むかしは 陸 ( りく ) 路 ( ろ ) 廿 ( はつ ) 日 ( か ) 道 ( みち ) 今 ( いま )は 鐵道一晝 ( てつだういつちう ) 夜 ( や )• 栗林さんにご指摘いただきました。 粟 ( あは ) 津 ( づ )の 松 ( まつ )にこと 問 ( と )へば 答 ( こた )へがほなる 風 ( かぜ )の 聲 ( こゑ ) 朝 ( あさ ) 日 ( ひ ) 將 ( しやう ) 軍 ( ぐん ) 義仲 ( よしなか )の ほろびし 深 ( ふか ) 田 ( た )はいづかたぞ• 愛 ( あた ) 宕 ( ご )の 山 ( やま )の 木々 ( きゝ ) 青 ( あを )く 廣 ( ひろ ) 瀬 ( せ )の 川 ( かは )の 水白 ( みづしろ )し 櫻 ( さくら )が 岡 ( をか )の 公園 ( こうゑん )は 花 ( はな )も 若 ( わか ) 葉 ( ば )も 月雪 ( つきゆき )も• 一 ( いち ) 時 ( じ ) 榮 ( さか )えし 都府 ( とふ ) 樓 ( ろう )の あとをたづねて 分 ( わ )け 入 ( い )れば 草葉 ( くさ 〔 〕 )をわたる 春風 ( はるかぜ )に なびく 菫 ( すみれ )の 三 ( み )つ 五 ( いつ )つ• 芙蓉の嶺に送られて 列車は進む高原の 海抜三千二百尺 ここは信州富士見駅• はや上松の里過ぎぬ 結びて行かん風越の すそ野の尾花穂に出でて まねくは雪の駒が嶽• 間 ( ま )もなく 來 ( きた )る 土浦 ( つちうら )の 岸 ( きし )を 浸 ( ひた )せる 水海 ( みづうみ )は 霞 ( かすみ )が 浦 ( うら )の 名 ( な )も 廣 ( ひろ )く 汽 ( き ) 船 ( せん )の 笛 ( ふえ )の 音 ( おと )たえず• 山 ( やま )はうしろに 立 ( た )ち 去 ( さ )りて 前󠄁 ( まへ )に 來 ( きた )るは 琵琶 ( びは )の 海 ( うみ ) ほとりに 沿󠄀 ( そ )へる 米原 ( まいばら )は 北陸線 ( ほくりくせん )の 分󠄁 ( ぶん ) 岐 ( き ) 點 ( てん )• 日野や豊田も打過ぎて 行けば武蔵の八王子 機織の業の名にし負う 町の栄えぞ著き• 一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

3
唱歌 鉄道 唱歌 鉄道

赤羽 ( あかばね )すぎて 打 ( う )ちわたる 名 ( な )も 荒川 ( あらかは )の 鐵 ( てつ )の 橋 ( はし ) その 水上 ( みずかみ )は 秩 ( ちゝ ) 父 ( ぶ )より いでゝ 墨 ( すみ ) 田 ( だ )の 川 ( かは )となる• 煙草の産地竜王や 韮崎駅の車窓より 新府の址を弔いつ 登る日野春小淵沢• 東 ( ひがし ) 那須野 ( なすの )の 青 ( あを ) 嵐 ( あらし ) ふくや 黒磯黒 ( くろいそくろ ) 田 ( た ) 原 ( はら ) こゝは 何 ( いづ )くと 白河 ( しらかは )の 城 ( しろ )の 夕 ( ゆふ ) 日 ( ひ )は 影赤 ( かげあか )し• 翠の山にかこまれし 周囲四里の諏訪の湖 衣が崎に波も無く 富士の上漕ぐ釣小舟• は/\を代用した。 花かぐわしき靖国の やしろ間近き牛込の 牛の歩みも遅からで 市ヶ谷見附四ツ谷駅• 桟の名は残れども 命をからむ蔦もなく 寝覚の床のあさ衣 木曾の川波静かなり• 東 ( とう ) 寺 ( じ )の 塔 ( たふ )を 左 ( ひだり )にて とまれば 七條 ( しちでう )ステーシヨン 京都 ( きやうと ) 々々 ( 〳 〵 )と 呼 ( よ )びたつる 車掌 ( しやしやう )のこゑもなつかしや• 唱歌の曲名。