前世の記憶 実話。 前世の記憶を語る勝五郎の転生事件。江戸時代にあった生まれ変わりの実話

実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

それを2歳の子供がはっきりと何度もその愛称で祖母を呼んだのだとか。 俺は何気にその横顔を見て、はっと気付いた。 大事に育てるのは悪いことはでありませんが、どんなに大事に育てても、来世で可愛がっていた動物が人間になることはありません。

実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

屋根に変な瓜みたいな実がなってる時もありました。 そして軍の仲間連中とタバコを吸ったり会話をしている記憶もありますが、言葉がわからずに何を話しているのかわかりません。

1
実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

山へ葬りに行く時は、白い布で覆った甕(かめ)の上に乗って行った。 災害や地震で人が住めなくなったところを、タダ同然で買い叩く・・・しかもそれは日本人ではありません。

1
実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

私には 産まれてから 幼稚園くらいまで 前世記憶が ありました。 どのお告げも、とても平和とは言えない内容なので、 このお告げを頼りに未来の大難を小難に変えることはできるかがポイントだと思います。

8
実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

半年後、幼稚園の友だちにも「愛媛のにいに」て話していたようで、その子のママに「愛媛に親戚か従兄でもおるの?」と聞かれる始末。

16
実話 前世の記憶 実話 前世の記憶

私が 「 どう したの ? 」 と たずねると 、 「 昔の ボクも 、 ママと 一緒の 暮らし てた んだよ。 しかし実際にそういう人もいるという事は知っておいていただきたいです。 そして驚くべきことに、この男の子は転生先を「自ら選んだ」というのだ! 文=インベカヲリ 「今のお母さんの声かわいくないよね」 「インベさんは声がかわいくていいですね。

20